チャリティー撮影会開催しました

*緊急事態宣言が出される前の撮影です

今年の3月卒業、卒園の子どもたち、ご家族は、まさかの急な事態に驚き、落胆されたのではないでしょうか。

卒業式を前にして急な休校。

式の中止や簡略化。保護者や在校生が出席できない学校も。


同じ年頃の子どもを持つ私も、まったく他人事には思えず....

カメラマンの自分に何かできることはないだろうかと考えていました。

ただリスクを伴うものはやるべきではなく、また、自身の2年生(当時1年生)の息子も休校のため家に置いていくわけにはいかない。

迷っている中、息子にこんなこと出来たらいいなって思ってるんだよね、って話してみました。

息子は、「すごくいいことだと思う!おかねもらうことじゃないよね!」「手伝うから!」と背中を押してくれました。


リスクを避けるため、撮影場所は徒歩圏内の公園。

ご予約いただけるのは、そこへ公共交通機関をつかわずに来れる方のみ。

健康状態を同居のご家族含めて検温、観察していただき、少しでも体調不良を感じられたら当日であってもキャンセルしていただくことをお約束していただきました。

息子がアシスタントに入りますが、お客様との接触はしないこと。

マスク着用、組と組の間には手を消毒させていただくこと、一定の距離を離れて撮影すること。時間も10分3カットと、かなり制限をさせていただきました。


この笑顔を見ると、開催して本当に良かったなと。

この後入学式は出来たかな?学校はまだ行けていないかもしれないけど、元気でいるかな?

友達と遊べる日が待ち遠しいね。



撮ってほしいのにそこまで行けない…残念です。というお声もあったので、4月に場所を変えて第2回を企画していました。

その頃そういった撮影会を企画しているカメラマンが全国にいたので、一緒にたくさんの子どもたちの笑顔を残してあげようと動き始めていました。

ただこの後の週末外出自粛制限からの緊急事態宣言。


叶わぬ企画となってしまいましたが、落ち着いた頃、この春の卒業卒園生が笑顔になれるようなことが開催できればと思っています。


同窓会などお考えで、お写真残したいという方がいらっしゃったらぜひお声がけください!


もうしばらく、頑張りましょうね‼